データの大量転送技術はデータ記録媒体を介したものから直接的な転送へと進化した!

データ記録媒体を介したデータの大量転送という方法

大量のデータ転送が必要になる場合というのは、いろいろとあるわけです。この大量データの転送技術というものは、以前から様々な形で行われてきました。古くはテープに大量のデータを記録して受け渡す、という方式が採られていたわけです。それが磁気ディスクというハードディスクの原型となったデータ格納媒体へと発展し、現在では1テラバイトものデータを格納できるハードディスクへと進化しているわけです。こうしたディスクというデータ格納媒体も、単に大量データを格納できるだけではなく、そのディスクを受け渡すことで、大量のデータ転送を実現するためのツールともなっているのです。

データ記録媒体を介した転送から直接的なデータ転送へ

データの大量転送技術というものは、当初はテープやディスクというデータの記録媒体を介して行うもの、として出発したわけです。要するに、大量のデータが格納されている記録媒体そのものを受け渡しすることで、結果的に大量のデータを移行させる、ということが行われていたわけです。このデータ記録媒体を経由させるデータ転送方式が、次に、通信ケーブルやネットワークを介しての直接的な大量データの転送方式へと進化して行ったのです。

通信ケーブルやネットワーク経由の直接的なデータ転送

コンピューター間で大量のデータ転送を行いたい場合には、コンピューター同士を通信ケーブルで接続して、大量データの転送を行ってしまう、というコンピューター間通信という方法があります。さらには、ネットワーク経由で大量のデータを転送してしまう、という方法も行われるようになりました。このネットワーク経由の大量データ転送の方法としては、メールにデータを添付するというものと、ネットワーク上に設けられたアップロードサイトを経由する、というものとがあるわけです。

大容量ファイルとは、デジタルの世界において、1ギガを超えるような大きな容量のファイルのことをいいます。