カーテン選び!色の効果を活かして選んでみよう

クールなイメージでまとめたい!

色には人の心や体に様々な影響を与えるので、カーテン選びでも活用したいですね。例えば寒色系は落ち着いた雰囲気やスタイリッシュな印象にまとめたいときに有効です。青い色は集中力を高めたり鎮静効果があるので寝室や書斎などに向いています。グレーはクールでモダンなイメージに仕上がりますし、他の色となじみやすいのでコーディネートもしやすい色です。どんな部屋にも合う色のひとつです。白は空間を広く見せる効果があります。ただしあまり白いものはかえって心にストレスを与えるので注意が必要です。黒は光を遮る色ですので、重厚感はありますが閉鎖感があります。少ないスペースでアクセントとして使うと効果的です。

元気で温かいイメージにしたい!

温かい元気なカーテンにすると気持ちも元気になりますね。代表的な色は赤です。赤は元気や温かさを与えてくれると同時に食欲を増進する色でもあるので、ダイニングなどにつけると効果的です。ただし興奮を促す色でもあるので面積は少なめにした方がいいでしょう。ピンクはなごみや癒し、幸福感を与えてくれる色です。コーディネートもしやすくプライベートな部屋やリビングにも取り入れやすい色です。オレンジは陽気で活発な雰囲気を与えてくれます。元気を与えてくれる色ですのでリビングなど人が集まる部屋にも向いています。茶色との相性もいいので、床や家具と馴染みやすい色です。黄色も元気な印象です。明るく元気な色で集中力も高めてくれるので子供部屋などに向いていますね。

ナチュラル系の色で癒しの雰囲気に!

床や家具と馴染みやすいのがナチュラル系の色です。同じトーンでまとまるのでコーディネートもしやすいですね。ベージュ系は誰からも好まれる飽きのこない色です。落ち着きがあるリビングにしたいときなどおすすめです。茶色も同じように落ち着きのある色です。ベージュより重厚感が増します。明るい色と組み合わせれば変化も楽しめますね。グリーン系は草木を連想させる安心感、癒し効果のある色です。調和を生む色ですのでリビングにもおすすめですし、プライベートな空間でもほっとする癒しを与えてくれる色です。

ひもカーテンは、各地のインテリアショップにおいて定番アイテムとして取り扱いが強化されるようになっています。