脱サラして頑張りがわかる出店することのメリット

会社勤めの不満を脱サラで解消

企業で働いていると自分の頑張りが企業の業績にどのように反映されているかわからない時が多いです。またその業績が正しく給与や賞与に反映されているのかも不明なことが多いです。そして企業で働いていると、上司からいろいろと命令を受けて自分でも納得できないようなことであっても命令とあってはやらないといけないという職場の独特な雰囲気に嫌気を感じる人もいて、そのような人は会社勤めをやめて脱サラをしてお店を持ったりします。

出店するにしても諸条件を勘案すること

最近ではフランチャイズ店を募集する企業が多く、自己資金として貯金がある場合には、そのような形で自分の店を持ったりします。その場合に重要なのがどのような業種の店を持つかということです。最近多いのがコンビニの店舗のオーナーですが、コンビニにしても、どこの企業のコンビニにするかによって、その地域で消費者から支持を受けている度合いが違ったりしますし、またその店舗を出す場所によっても客の入り具合によって収入に差が出てきます。

頑張り度合いで黒字にも赤字にもなる

フランチャイズで出店する場合、多くは売上の数%をロイヤルティとして本部に支払うことになりますが、売上がいくら上がっても割合が均一であることが多く、頑張るだけ利益を得ることができて、数値として頑張り度合いがわかり、また手元資金の残り具合がわかります。会社で勤務していた時に不満に感じていたことが明確になるというメリットはあるものの、会社勤務の場合とは違い、独立して出店した場合には売り行きが全てで、赤字になることもあります。

代理店の募集といえば、飲食業が代表格ですが、クリーニングの委託やブランド品の鑑定、販売等、本来ならそれなりのノウハウがいる仕事も、代理店になることで比較的容易に行えます。