プライバシーの邪魔!?集中している時にイラっとさせられる行動3選

集中して作業している時にやたら呼び掛けてくる

自宅の自室でプライベートな作業に没頭している時、家族からの呼び出しや友人や知人からの頻繁な電話といったイベントはどうしても作業の腰を折り、集中力を削いでしまうものです。どうしてもこうしたイベントにより邪魔されたくないのであれば、予め自分が作業に集中し取りあう島もない事を周囲の人々に周知させておく、あるいは物理的に携帯やメールといった連絡ツールを遮断してから作業に臨むといった対応が必要となってくるでしょう。

隣の建物や部屋から頻繁に覗いてくる

自宅の隣にある建物からこちらの自室が丸見えの位置関係にあると、どうしてもその建物からの視線が気になるものでしょう。特にその建物が小学校を始めとした学校である場合、相手のプライバシーへの配慮を深く考えない生徒からの視線を強く感じるケースも多く、落ち着いてプライベートな作業に没頭出来ないものですよね。ただこの対策は比較的簡単。厚めのレースカーテンを窓にきっちり取りつけ、隣の建物からの視線を遮ってしまうだけで良いのです。

集中している傍で派手な物音を立てる

集中して作業している傍で大きな物音を連続して立てられると、あっという間に集中力が切れてしまいますよね。例えば自室で作業に没頭している時に室外で家族が大掛かりな掃除を行えば、その騒音が常に自室内に伝わり、集中して作業するどころでは無いでしょう。ただ家族も必要に駆られて掃除を行っている訳ですから、頑固にプライベート作業に没頭するのは一旦止め、掃除を手伝う等して速やかにその騒音が収まる様務めるのが大事でしょう。そうすれば家族とのトラブルも無く、スムーズにプライベート作業に戻れる筈ですよね。

機密文書というのは、外部へ流出すると多くの損害が発生する恐れがあるため、取扱いに注意を要する書類となっています。