不要品を捨ててすっきり!引っ越しはチャンスです

引っ越しに合わせて不要品を整理しましょう

引っ越しする時、何もかも新居に持っていくのは大変ですよね。なかには今の家でほとんど使っていないものもあるはずです。そういった不要品は思い切って処分しましょう。もったいないと思うかもしれませんが、今まで使っていなかったのだから、引越し先で使う可能性は低いです。身軽な状態で引っ越して新居はすっきりさせましょう。ただ、不要品処分の際には気をつけなければいけないことがあります。ものによっては処分にコストがかかることもあるのです。不要品処分の方法を紹介します。

服や処分しやすいです

不要品のなかで一番多いのは服ではないでしょうか。着なくなった服がクローゼットにいっぱい眠っている人もいるかもしれません。流行遅れになった服は処分してしまいましょう。流行がまた巡ってくる可能性はありますが、以前とは全く同じではありません。過去の服を着られるわけではないのです。服の処分は燃えるごみの日に出せば良いので簡単です。流行遅れではないけれど着ない服はリサイクルショップに持っていくというのも良いですよ。買い取ってもらえれば引越し費用の足しにできてお得です。

家具や家電の処分はお金がかかります

大型の家具の処分にはお金がかかります。自治体のごみ処理担当部門に電話してからコンビニエンスストアなどでシールを買う必要があります。シールを家具に貼って粗大ごみ置き場まで自分で運びます。なお、木製の家具などはのこぎりで解体すれば燃えるごみの日に出せますよ。冷蔵庫やエアコンなどの一部家電も処分にお金がかかります。こちらは家電リサイクル法の適用を受けるので郵便局などでリサイクル券を購入して、自治体が指定する場所に家電を搬入しなければなりません。

不用品の回収では、大型の物でも自宅内からスムーズに運び出すことが可能です。そのため、片づけを行う際に大変役立ちます。