各種届け出は忘れずに!正しい自営業の始め方

まずは開業届を提出しよう

自営業を始めるときには、まずは開業届を提出することとなります。事業を開始してから一ヶ月以内に提出をしなければならないので、忘れないようにしましょう。開業届には、屋号を記載する欄があります。屋号がまだ決まっていないなら、これをきっかけに決めるといいですね。他にも、事業を開始した日などを記載しなければなりませんから、忘れないように早めに書いて提出をしましょう。いつ事業を開始したかは、時間が経つとどんどんあやふやになってしまうものです。

青色申告の申請もしておこう

自営業を始めると、自分で確定申告をしなければならなくなります。確定申告は、青色申告ですると控除が使えるのでお得になります。ですが、青色申告は事前に申請をしておかなければ、その年は使えなくなります。申請をし忘れていれば、自動的に白色申告になってしまうので注意ですね。この両者の差は非常に大きいですから、できれば開業届を提出するときに一緒に青色申告の申請もしておきましょう。申請し忘れれば、来年まで青色申告は使えません。

税理士の先生に顧問になってもらおう

自営業を始めると、各種税金の計算や節税の方法、事業が法律に抵触しないかなど、専門的な知識を持った人のアドバイスが必要になります。できれば事業を立ち上げたそのときから、税理士の先生に顧問になってもらうといいでしょう。弱小自営業者なら、税理士の先生もそれほど高い顧問料を要求しません。特に若い税理士の先生なら、仕事を受けることを優先するので値段は安くなりがちです。事業が大きくなってからは料金も上がる可能性があるので、最初に顧問契約を結んでおくのがいいですよ。

コンビニやファーストフードの形態としてよく聞くフランチャイズと言う言葉。企業が所有する商標使用の権利・商品の販売・営業ノウハウなどを事業者に提供し、一定のロイヤリティーを受け取る事業契約のことです。